新宿貸し会議室・ノマドカフェBASEPOINTのささだです。

ほとんどの会議で、司会・進行の方がいます。この司会の力量によって、会議の質もアウトプットされる成果も大きく変わってきます。

この司会・進行のスキルを『ファシリテーション』と呼ばれています。このファシリテーションスキルは汎用的に様々な形で使えます。

ファシリテーション 4つのスキル

ファシリテーションには4つのスキルがあります。実はこのスキルは、日本ファシリテーション協会で紹介されています。(日本ファシリテーション協会の存在があることに、私は驚きましたが、、、笑)


抜粋:日本ファシリテーター協会

ここで紹介されているスキルは

1. 場のデザインのスキル ~場をつくり、つなげる~
2. 対人関係のスキル ~受け止め、引き出す~
3. 構造化のスキル ~かみ合わせ、整理する~
4. 合意形成のスキル ~まとめて、分かち合う~

このように挙げられています。決して話し上手とか、役職とかなどは挙げられていません。つまり、誰でもファシリテーターになれる、ということなのです。

また、最近は会議の司会=ファシリテーターと間違った認識がされていますが、司会とファシリテーターは違います。

司会とはウィキペディアにはこのように書かれています。

司会(しかい)は、放送番組(テレビ番組・ラジオ番組)や舞台、宴会、結婚式など、衆目の中でのイベントの進行を司ること、あるいはその人。

引用:ウィキペディア

 

つまり、進行役です。一方ファシリテーターは、会議などの場の進行はもちろん、場を活性化させたり、意見を出したり、成果をまとめたり、といったことが求められます。

この部分を読めば、会議でどちらが求められているかは一目瞭然ですよね。会議の進行、より良い会議をするためには、「ファシリテーター」の存在が不可欠なのです。

ファシリテーターについては次回も引き続き、もっと詳しく書いていこうと思います。
ただ、今から自分がその会議に参加する際、ファシリテーター4つのスキルを意識するだけで、会議の生産性は大きく変わり、無駄に長いと感じる会議も改善されるはずです。

ちなみに、ファシリテーターは会議の進行者だけでなく、一般の参加者にも求められます。このことは、また次回に^^

 

新宿ノマドカフェ BASE POINT、ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ。
・お問合わせ      03-5332-8332
・会議室予約(PC)   https://b-pt.jp/vacancy/
・会議室予約(スマホ) http://basepoint.resv.jp/?smp=1