新宿貸し会議室・ノマドカフェBASEPOINTのささだです。

会議について、皆さんに質問です。
あなたの会社はの会議は強制参加ですか?
何を言っているんだ、とあなたは思っていませんか。実は、会議が”任意参加”の会社が、粛々と増えてきているのです。

 

ムダな会議の損失は、年間370億ドル??

 

実際、このような研究もされています。

 

標準的な企業の従業員は、1カ月間で31時間を会議に費やしていますが、そのうち少なくとも50%の会議は、完全な時間の無駄だと思われているそうです。91%の人は、少なくともいくつかの会議でボーッとしたことがあり、75%は隠れてほかの仕事をしたことがあり、39%は居眠りをしたことがあるそうです。さらに、こうした不必要な会議による損失額は、年間で実に370億ドルにも達します。

引用:デキる企業ではもう当たり前、会議を「任意参加」にするメリット

会議をムダと思う従業員がいて、さらにそのムダと思っている時間には、何も生み出されていない。心も体も蝕んでいくのは、ある意味当たり前なのかもしれません。

 

会議に任意参加にすることのメリット

 

会議を任意参加にするということは、そもそもの開催の方法も考えなければなりません。そこで生まれた方法が「オープン・スペース・テクノロジー(以下、OST)」です。OSTとは、

あらかじめ決めておくのは会議の時間と場所だけで、あとは参加者が到着してから自律的に議論が起こるようにする手法

 

このOSTには2つの約束事があります。2本足の掟(The Law of Two Feet)と呼ばれているそうですが、参加者は「学習する」か「貢献する」か、どちらを徹底してやらなければいけないのです。。
強制的な会議でも本当は姿勢は一緒

すべての会議を任意にすることは難しいと思います。しかし、任意であろうと強制であろうと、”二本の掟”は参加する人が持っていなければならない最低限の意識です。会議では学習するか、貢献するか、です。それができない会議なら、やめることで他の人を助ける”貢献”をしてください。きっと周りの人から称えられる一番の貢献なはずです。笑

会議のやり方、使い方を見直すと、業績も効率もモチベーションも大きく高まることを、今回改めて実感しております。

 

新宿ノマドカフェ BASE POINT、ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ。
・お問合わせ      03-5332-8332
・会議室予約(PC)   https://b-pt.jp/vacancy/
・会議室予約(スマホ) http://basepoint.resv.jp/?smp=1